カードローンを借り換える方法

カードローンを借り換える方法を解説

カードローンを借り換える方法として、まずはどこを利用するのか比較し、必ず現在よりも負担が少なくなるところを選びます。借り入れの合計が年収の3分の1以内に収まっているのであれば消費者金融を検討しても良いです。超えている場合でも、法律上は総量規制には例外の規定があるので、条件が良くなるのであれば年収の3分の1を超えていてもお金を貸して良いことになっていますが、審査は厳しくなってしまいます。そのため、この場合は総量規制の対象外となる銀行を検討した方が良いでしょう。
消費者金融を利用する場合、通常のカードローンと異なり、返済専用のローンになることが多いです。これは完済するまで追加で借りることができないので、返済中に借り入れしたい場合には適していません。
銀行を利用する場合、通常のカードローンでも上限額が最大のところでは1000万円と高く、用途も自由なので十分に対応できるため、専用のローンを使う必要はありません。金利が低いので利息の負担を減らせるのが大きなメリットです。申し込みの際には借り換えであることを申告した方が良いです。通常の申し込みでは現在の他社の借り入れにさらに追加で借りる形で審査されるので、希望通りの限度額にしてもらえない可能性があります。
現在は正規に営業している業者であれば法定金利を守っているため、借り換えてもあまり返済の負担が変わらないようなこともあります。借り入れ状況によっては債務整理の選択も必要であることを頭に入れておくと良いでしょう。弁護士などの専門家に相談してみるのも良いです。