カードローン借り換えのデメリット

カードローンを借り換えたときのデメリット

カードローンやキャッシングの借り換えはメリットが多いですが、デメリットもあるので利用方法には注意が必要です。
複数の借り入れをまとめる場合、各社の限度額が50万円未満であることが多く、上限金利が適用されています。これらを1つにすると限度額が高くなるので金利の引き下げが期待できます。しかし、総額が高すぎたり、まとめる数が多いと審査に通りにくくなり、結果が出るのに時間がかかるデメリットがあり、急いでいるときの対応ができません。なお、消費者金融であっても総量規制の例外の規定があるため、総額が年収の3分の1を超えていても利用できますが、それでも審査で落ちる可能性が高いです。この場合は高額の借り入れができる銀行を利用した方が良いでしょう。
計画を立てて利用しないと利息総額が増えてしまうことにも注意します。月々の支払い額は変更できますが、初期値が低くなっているものがあります。この設定を変えずにいると、返済期間が借り換え前よりも長期化し、それだけ利息が発生します。これを避けるために支払い額の設定を確認し、少ない場合はシミュレーションで妥当な金額を調べて設定を変えます。また、お金に余裕があるときは繰り上げ返済を使って早めに残高を減らすと利息を減らせます。
元の借り先に過払いがあるとその分も残高に入ってしまうので損になります。このときは借り換えを行い、元の借り先を完済してから過払い金請求をします。完済した借金への請求であれば個人信用情報機関に金融事故として記録される心配はありません。